ヘタレなパチンコ日記2


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パチンコ回転率の計算方法について

ども、ねずみです。ヘ( ̄ι ̄ )ノ


↓ワンクリックお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング


なぜか最近忙しい日々で、
((( (p;・・)p

あ~忙し、
q(・・;q) )))



まったく気軽にパチンコの勉強ができやしない(爆)



ん?


しかし何故この忙しい中、記事の更新ができるのか??





ヘタレだから(←仕事に関しても…)



もうホント真面目に仕事してほしいもんだ( ̄^ ̄)



ということで、
今日は生意気にも回転率の計算方法を…。


やっぱり回転率は、パチンコにとっては基本となる重要な要素の一つですからね。


1,000円で幾ら回った、なんてことは僕も結構前から少しは考えてましたよ。

でも、出玉ができたら1,000円で幾ら回ったなんか全然考えませんでした。
ってか、どうやって計算するのかと…




はい。勉強しましたよー(仕事中)。


ようは、現金投資だけだと簡単に回転数はだせますよね。

現金5,000円使って100回転だったとしたら、
100÷5=20

1K(1,000円)で20回ってことですもんね。



で、当たって出玉ができた場合です。


φ(..)
1回当たりの出玉が1,500個だとします。
投資が5,000円で当たり回数が10回。
最終出玉が10,000発。
通常回転数が500回転。
この通常回転数というのは、時短・確変中の回転数は除きます。


ま、考え方は単純ですよ。
用は玉をお金に換算すればいいだけですから。

まずは、大当たりで得た総出玉を計算します。

10(総大当り回数)×1500(1回当たりの出玉数)=15,000個
これが獲得できた総出玉ですね。

続いてはこの総出玉から最終的に残った出玉を引きます。
15000(総出玉)-10000(最終出玉)=5,000個

つまり5,000個で通常回転を回したことになりますね。
5,000個をお金に換算すると…
1000円で250個だから…
5000(個)×4=20,000円

20,000円分で回したことになります。




おっと、これではまだ足りませんね。
それは最初に使った5,000円です。
20000(円)+5000(円)=25,000円

はい、つまり25,000円で通常回転500回転を回したことになります。
500÷25(千円)=20
千円で20回転、20/1Kということですね。

正確に計るため、時短終わりの保留は通常回転に含めない方もおります。


※まとめ※
通常回転数÷{(総大当り回数×1回当たりの出玉数-最終出玉)×4+投資金額 }=回転率(1K)


また、ここで気になるのは1回当たりの出玉数ですよね。
これは難しいですね。
1回当たるごとに箱を交換したり、スペックの平均の出玉から予想したり、
また時確中に増えた玉もありますから、
完全に正確な数値は出せないと思います。

ま、所詮ヘタレな僕ですので、もっと正確に計れる方法もあるかと思います。


ちなみに大当り中に出玉を計算する方法です。
パチンコは1分間に玉を約100発弾き出す仕様になっております。
それを踏まえた上で、個々の機種の仕様により数値は変わります。
カリブMTAを例に挙げると、
15(賞球数)×15R×8カウント=1800個
で、ラウンド消化に3分かかったとしたら、
1800-300=1500
これにへそ入賞やオーバー入賞した玉数を足します。




これは某パチプロさんに質問して教えて頂いた計算方法です。




期待値や仕事量についてはそのうち…


でもなんせヘタレですから、
パチプロの方の計算方法を見たほうが正確でしょう(*°ρ°)


なんせ僕の頭の中は…









nou.gif

脳内メーカー


ですから( ;; ̄3 ̄)






↓ワンクリックお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。