ヘタレなパチンコ日記2


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パチンコとの出会い

ども、ねずみです。ヘ( ̄ι ̄ )ノ


↓是非ワンクリックお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング




本日も稼動日記ではございません。



ちょろっとパチンコとの出会いについてでもお話ししようかと…



なので興味のない方は、ワンクリックだけお願いします。






あれはそう、何年前のことだろうか…(-o-)y-゜゜゜゜゜




本当に初めてパチンコ店に足を踏み入れたのは大学生の時でした。



しかも何の知識もありません。
とりあえず入っても問題のない年齢になったのだから入ってみるか、ぐらいの気持ちでしたね。


威風堂々と入店してみます…(((((; °°)オロオロ…



打っている人をチラチラ見ながら、チェリー(初心者)だとばれないように店内を歩いてました。


座ったのは誰~もいないシマです。
だって怖いんだもん…



とりあえず、ここに入れるんだろうなぁ~と思われる場所に千円を入れ玉貸しボタンを押します(;°°)σ




で、出ません…/( ̄ロ ̄;)\




キョロキョロ焦ります(°_°;三; °_°)



ま、よくありますね。隣の台にお金入れてました…

で、その台に移動します。




打った台はよく覚えておりません。
今の機種のように賑やかな液晶ではなく、ドットの数字だけだったと思います。





で、なんか、気が付いたらいっぱい玉が出てくるんですよね…
当たったようで、いつの間にか音は派手になってます…
タバコを持つ手が震えだします(((((; °°)yyyy-゜゜゜゜゜



もうどうしていいのやら…
頭は「?」で溢れかえり、ドル箱には玉が溢れていきます。





周りを見渡すと(°_°;三; °_°)キョロキョロ…

みなさん自分の席の後ろに箱を積んでおられます。


(☆∇☆) キラーン!!

閃きました!!


「なるほど~、この箱を後ろに置いて新しい箱に替えればいいんだな」




「……」





「……」





いつドル箱を替えるタイミングか分かりません(T△T)

だって、いつまでも玉が出てくるから…


で、隙を見て角に置いてあるドル箱を急いで取りに行きε=ε=ε=ε=ε=┏((;°°)┛凹
慌てて戻り自分で箱を交換しました…



もうこれを5回位は繰り返しましたよ(阿呆)

誰か教えてくれればいいものを…




この時は無制限の台ではなかったようですね。


気が付くと玉が出てくるのが終わり、
頭の中はまだ「?」ばかりで、そのままハンドルを握っていると、


「兄ちゃん、終わりだよ、終わり!」
と数台離れて打っていたおっちゃんに言われました。


また「?」です。

「なにが?」って感じです。

「だから、終わりだって!」

で、ようやく玉を流さなければいけないと分かりました。



ってか、このおっちゃん…ドル箱の交換の仕方をまず教えてくれても良さそうなものなのに…




5箱くらいだったと思います…


ドキドキしなが景品コーナーへ足を運びます…

ドキドキしながら見よう見まねで…



















全て景品と交換!しました…




阿呆ですね…



景品と交換していると、まぁ一人暮らしの学生さんですから、
カップラーメンやらお菓子やら缶詰を取って行くわけですが、








残り玉がいっこうに減りません…




あやうく、
「もういいです。」って言っちゃいそうでした。



もう目覚まし時計やら無理矢理に交換して、自転車のカゴと両手いっぱいの袋を抱えました…

漫画で見たことあるような、まさにパチンコ帰りです凹(´д`)凹




改めて考えても凄いですね…

今より昔のドル箱は一箱に入る玉数が多かったはずです。
仮に今と同じくらいで1箱1600個入ったとして、全部で8,000個を景品に替えているんですから…
(しかもほとんどが食品と交換してあります)





これがまぁ世間で言われるビギナーズラック!なんですね…







はじめてパチンコを知った日でした…(-o-)y-゜゜゜゜゜





つづくかも…




↓ヘタレな僕にワンクリックお願いします<(_ _)>
人気ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。